ケアプラン文例集

書類作成がスムーズに!
課題抽出から丁寧に解説、豊富な文例で強力サポートします!

ケアプラン文例集

書籍名 <居宅介護支援専門員のためのケアマネジメント入門③>
ケアプラン文例集
著者名 土屋典子
出版年 2008年
定価 1,728円(税込
判型 B5判並製・2色刷
ISBN ISBN978-4-902381-13-9 C0036

特徴と内容

第2表作成の前にぜひお読みください!

  1. 適確な課題抽出に必要なアセスメントのプロセス
  2. 課題解決のためサービス担当者会議の有効な利用法
    ☆サービス担当者会議のシナリオ収録
  3. 地域包括支援センターとの連携

第2表記入にお役立てください!

  1. 文例集(ニーズ・課題からサービス種別まで)
    →そのサービスが必要と思った根拠を明らかにしていってみてください
  2. インフォーマルサービス
    社会資源をみつける参考にしてください
  3. 確認作業
    →複雑な課題のプランにあたって、抜けがないかのチェックに使ってください

本の中身

  • ケアプラン文例集

目次

第1章 アセスメントからサービス担当者会議まで
    ~第2表作成の前に知っておきたいこと
  1 介護保険の理念をあらためて確認する
   1尊厳を守ることを優先する
   2同居家族のいる利用者への生活援助
   3介護保険制度の基本理念
  2 アセスメントのプロセスについて
   1情報収集について
   2アセスメントとは
   3ケアプランのつくり方
  3 サービス担当者会議の開き方
   1開催の義務づけが厳しくなったのはなぜか 
   2サービス担当者会議の意義 
   3サービス担当者会議の種類 
   4サービス担当者会議におけるケアマネジャーの役割 
   5サービス担当者会議の手順 
     新規のサービス担当者会議シナリオ 
     課題発生時のサービス担当者会議シナリオ 
  4 地域包括支援センターの役割 
   1地域包括ケアの推進 
   2人口減社会の特徴 
   3地域包括支援センターとの連携の意味 
   4ケアマネジャーの感じる困難 
   5よりよい連携のための工夫 
  
第2章 ケアプラン文例集
   課題分析標準項目別文例集 
   サービス種別文例集

介護