インドの玉手箱とつながりの魔法

カルーの哲学がインドの手仕事と結びつき、生まれてきた作品の軌跡

インドの玉手箱とつながりの魔法

特徴と内容

デリーの小さなアートスタジオで活動をつづけるアーティスト、アンジャリーとサンジブは金属、木、石などを使った伝統的な工芸技術を生かしながら、色々なつながりを生む不思議なアートを作り出します。

そのつながりの魔法は、国や人を問わず広がります。美しいインテリアや作品を作り出すインド各地の村々の写真とともに、そのファンタジーあふれる作品は、あなたの心に元気とつながりへの勇気を呼び起こします。

 

書籍名 インドの玉手箱とつながりの魔法
撮影・写真編集 今村信隆
著者名 内野久美子
出版年 2008年
定価 4,104円(税込)
判型 A4判変形・オールカラー
ISBN ISBN978-4-902381-12-2 C0072

本の中身

  • インドの玉手箱とつながりの魔法

目次

第1章 風の谷の祭り
第2章 ムガール帝国の香り
第3章 絵描きの村
第4章 枯れ葉のファンタジー
第5章 命のデザインとはたらき
第6章 遙かなる私たちのルーツ

アート